全検協について

当協会は、高圧ガスの容器検査所とそれに関連する事業者により構成している団体です。昭和48年5月に「全国高圧ガス容器検査所連合会」として発足し、平成24年4月に一般社団法人全国高圧ガス容器検査協会(全検協)として組織が変わりました。
現在約100社を超える会員より運営されており、経済産業省や高圧ガス保安協会など関係団体と共に活動している団体です。
当協会は、高圧ガス容器検査業務の公共性に基づき、より高い技術と保安の確保を目指しており、高圧ガス災害の防止と安全に寄与する事を目的として様々な活動を行っています。

協会概要

名称

一般社団法人全国高圧ガス容器検査協会

所在地

〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-6-7本間ビル4F

Tel:03-3861-3851  fax:03-3861-3854 

設立

昭和48年5月15日 全国高圧ガス容器検査所連合会 発足

平成24年4月01日  一般社団法人全国高圧ガス容器検査協会に組織改編

目的

高圧ガス容器検査業務の公共性に基づき、より高い技術と保安の確保を目指す。そして

法令を遵守し災害の防止と公共の安全に寄与する事を目的とする。

会員

正会員 賛助会員

事業

(1) 会員の事業に対する指導、協力及び連絡

(2) 高圧ガス容器再検査に係る資格付与のための保安及び検査技術講習会の実施

(3) 高圧ガス容器再検査事業者に対する保安教育研修会の実施

(4) 高圧ガス容器再検査に関する資料の収集と作成及び書籍の発行

(5) 高圧ガス容器再検査関連法令、検査技術及び災害防止に関する調査、研究及び情報の提供

(6) 高圧ガス容器再検査事業の経営安定、合理化に関する改善向上のための調査、研究及び指導

(7) 高圧ガス容器再検査に係わる損害賠償責任保険の募集

(8) 高圧ガス容器再検査業界及び関連業界における功労者及び優良従業員の表彰

(9) 関係官庁、関係団体との連携、協力及び業務の委託

(10) その他必要な事業

役員

会  長

白砂清一

副 会 長

鈴木良和  小新達彦

専務理事

佐藤四郎

常任理事

伊藤知佳子 笠原幸治

理  事

11名

監  事

2名

名誉会長

小山秀昭

関係官庁

経済産業省(商務流通保安グループ)

関係団体

高圧ガス保安協会

一般社団法人全国LPガス協会

一般社団法人日本産業・医療ガス協会

一般社団法人日本エルピーガスプラント協会

一般社団法人日本溶接容器工業会

日本高圧ガス容器バルブ工業会

一般社団法全国高圧ガス溶材組合連合会