LPガス自動車について

全検協は、自動車用LPガス容器の再検査を担っています。
再検査が出来る工場について下記をご参照下さい。

国内LPガス自動車用容器再検査が出来る工場
EFI型LPガス自動車容器の再検査要領

LPガス自動車用容器の再検査

自動車用LPガス容器の再検査は、高圧ガス保安法の容器則(第24条第1項第7号・同第24条第2項参照)に則って再検査します。

容器種類・製造月日 自動車燃料用容器
20年未満 6年
20年以上 2年
備考 着脱して充填する容器は除く (例)フォークリフト容器

(注意)損傷を受けた容器

同保安法(第48条第1項第5号)に基づき、容器再検査を受け合格した後、刻印(同第49条第3項)又は標章(同第49条第4項)を掲示する。

附属品再検査

製造後の経過年数 容器に装備されているもの 容器に装備されていないもの
検査場所 高圧ガス容器検査所 ※自動車整備工場等
附属品 バルブ類 ※バルブから先のもの
6年6ヶ月以下超 附属品検査等合格の日からその装備されている容器が、附属品検査等合格日から2年を経過して最初に受ける容器再検査の日までの間 2年
7年6ヶ月以下超 1年 2年

LPガス自動車は、環境に優しい車でタクシーやトラック、小型バスや乗用車などに使われています。LPGスタンドマップや燃料補給時間など詳しくは一般社団法人全国LPガス協会をご覧下さい。